女性

栄養価が高いものを摂取して疲労回復|サプリなら簡単に摂れる

キノコの成分でガン予防

錠剤

免疫力を活性化させる

昔からキノコを原料とする漢方薬は数多くありましたが、近年ではその成分に関する研究が進み、なかでもβグルカンの抗ガン作用に注目が集まっています。βグルカンはブドウ糖が多数結合してできた多糖体の一種ですが、人間は消化吸収できないので、血糖値を上げることはありません。消化はできませんが、摂取されると腸内の免疫細胞を刺激し、免疫力を向上させると言われています。免疫システムは細菌やウイルスなど、体内に入り込んだ異物を排除する働きを持っています。ガン細胞も免疫システムによって抑えこまれていますが、免疫力が低下すると増殖を始めます。βグルカンは免疫系を活性化することにより、感染症だけでなくガンの予防や改善にも効果が期待できます。

コレステロールを排出

βグルカンは1940年代に発見された物質で、現在では実際に抗ガン剤としても用いられています。化学薬品でガンを抑えこもうとすると、どうしても健康な細胞まで傷つけてしまいます。食品に含まれるβグルカンは、副作用がほとんどなく健康維持ができるというメリットがあります。また余分なコレステロールを吸着して体外へ排出させる作用や、便秘を改善する作用もあるとされています。レイシやアガリクスなどはもちろん、エリンギや舞茸などのキノコ類は、βグルカンを豊富に含む食品として有名です。ほかにパン酵母や大麦などにも含まれていますが、食品だけで大量のβグルカンを摂取するのは難しいため、サプリメントを利用するのが手軽な方法です。